sitemap
works works 履修生の作品
     
project ●履修生の個人Blog 履修生の個人blog
  ●書評 書評
  ●Topics トピックス
  ●journalism.jp検討委員会 履修生限定
     
cafe 04年度講義用BBS 履修生限定
  04年度講義用談話室 履修生限定
     
  06年度講義用BBS 履修生限定
  06年度講義用談話室 履修生限定

 

●デザインについて
 このサイトはデザインについても実験を試みています。
 日本のマスメディア・ジャーナリズムの弱点のひとつは高コスト体質です。たとえば 地上波TVはきわめて高品位の映像、音声を提供していますが、そのために高価な機 材、多くのスタッフを必要とします。そうした制作環境を整えるために、TVジャーナリズムは多額の広告収入や聴取料に支えられざるをません。こうした経済構造がある限り、広告収入や聴取料収入がTVジャーナリズムの命運を握ることになります。
 活字メディアにも同じ構図があります。美しい装丁の書籍や凝ったデザインの雑誌を 手にすることには大いなる喜びを感じますが、その制作コストの負担が重荷になって 活字メディア自体が疲弊していっては、活字ジャーナリズム自体が存亡の危機に瀕してしまいます。
 いまいちど省みてみるべきだと思うのです。今のTVや活字メディアの、高コストを 前提とした高いクオリティは、果たしてジャーナリズムにとって必要不可欠のものなのでしょうか。
 そこでこのサイトでは出来るだけコストをかけないメディア作りを、課題のひとつとして追求してみました。デザインもフォントのみを用い、外部の専門デザイナーの起用なしに敢えてシンプルな作りに徹しました。まだまだ切磋琢磨が必要でしょうが、シンプルであっても気持ちの良いデザイン、それがこのサイトの目指すものです(武田)
●著作権について
このサイト上の著作物は、現行著作権法に従って著作者の権利が保護されています。しかし現行著作権法が、著作権保護と創造活動を両立させる上で、また表現の公共性を確保する上で、様々な問題をはらんでいることはしばしば指摘されており、このサイトでも新しい、あるべき著作権保護の在り方を将来的には模索してゆきたいと考えています。その意味でトップページの”Copyright (C) 2004-200X Contributors to Jounalistcourse.net  All Rights Reserved.”表記はあくまでも緊急回避のための暫定的なものであるとご理解ください。(武田)